読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルマン・ヘッセ 購入でポイント獲得ならAmazonより「楽天」 |

激安
さすがに名作と言われるだけあり!読み終えた後なんとも言えない余韻を味わうことができました。私の思い出の一冊です。短編ながらも神学校という一貫校での複雑な少年の悩み・想いを非常に良く捉えていると感じます。

下記の商品です!

2017年02月12日 ランキング上位商品↑

ヘルマン・ヘッセ車輪の下改版 [ ヘルマン・ヘッセ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

定番ですが大人になる前に呼んで欲しかったので。何度も何度も読みました。中学生の娘の学校から指定された本です。中学生のときに読んでおきたい本らしいのですが!薄い本なのですが!馴染みがないのか悪戦苦闘しているようです(笑)子供が読み終わったら自分も読むつもりです。教科書にはヘッセの別の小説が採用されていますが!訳者はこの本と同じ方です。むか〜し読みました。子供の夏休みの宿題のために購入し、ちょっと読んでみたら懐かしくて。悩める主人公の気持ち分かりますね〜。(お恥ずかしながら読んだことがないもので・・・)少々硬い文章ですが、確か義務教育の教科書にも取り上げられた文章かと存じます。孤独の只中にいるときに読んでいたらどんな気持ちになったんだろう。ありがとうございました。ラストはせつないですが!共感があるというだけで救われるものがあって……。ただし!妻に読ました所!やはり硬い所があるのか微妙な評価でしたため!星は4つにしております。また!個人的には感情移入がかなり出来うるという点においてもプラスであります。百年も前に書かれた作品のようですが、現代でも同じような境遇もごく普通にあり、感動です。長く読み継がれているということは、同じ気持ちを理解できる人がほかにもいるということ……かなー。名作ですので図書館で借りるより購入して良かったと思っています。大変面白かったです。子どもの冬休みの課題図書でしたので購入しました。。周囲になじめず!だれからも理解されず……という経験が私にもあったので主人公には共感しました。お子さんと一緒に読める一冊です。高校2年生の時、愛読していました。中高校生の頃から一度読みたいと思っていましたが!40代の今!やっと読むことができました。中学生の娘が、国語の学年末に出るかもしれないというので買いました。昔!学生時代に読んだ記憶が。名作なのでじっくり読んでみたいです。産業医に勧められて購入…、でもまだ全然読めていません。近所の本屋さんでは売り切れていたので助かりました。本棚に保管し、また10年後に開いてみたいと思うような作品です。中学校の教科書の翻訳が高橋健二さんでしたので、新潮文庫の作品を選びました。これも子どもへのクリスマスプレゼントです。